運動で痩せない原因

運動で痩せない。

 

ダイエットのために運動を始めても、なかなか効果が得られない場合があります。
運動で痩せない、その原因とは、運動の方法が間違っているケースが多いとされます。

 

一般的に、ダイエットに効果が高いとされているのは、ジョギングやヨガなどの有酸素運動でしょう。

 

有酸素運動は、筋肉を引き締める効果も期待できますが、なによりも体の新陳代謝をアップし、脂肪を燃焼できるという点にメリットがあります。

 

有酸素運動を行うと、体内の基礎代謝能力が向上し、無駄な脂肪分の燃焼を促進することができます。
しかし、この新陳代謝の向上効果は、運動を開始してから15分程度経過しないと、ほとんど発生しないといわれています。

 

つまり、有酸素運動で痩せないという場合には、運動を行っている時間が短すぎるということが考えられるのです。

 

有酸素運動は、厳しいハードな運動である必要はありませんから、無理なくできる範囲で、15分以上行う、というのが効果的なやり方といえるでしょう。運動で痩せない、効果が出ないといった場合には、普段のトレーニングメニューと、運動時間を見直してみるのが良いかもしれません。

 

また、体の新陳代謝をサポートしてくれるサプリメントなどを、利用してみるのもよいでしょう。

運動で痩せない筋肉

ダイエット(筋トレ)をしているのになかなか痩せないという経験をしたことはある方も多いのではないでしょうか。
ランニング、ウォーキング、水泳など、ダイエットのために行う運動はさまざまかと思います。

 

しかし人間の体は、運動だけでは痩せないのです。

 

運動で痩せないのは自分の体質のせいでもありません。
自分の努力不足でもありません。

 

炭水化物とタンパク質が不足していることが原因で、運動で痩せない筋肉ばかりが発達してしまうのです。

 

良質な筋肉とはバランスの良い食事によって完成されます。

 

痩せるために日々の食生活をサラダなど野菜中心にする方も多いのですが、野菜ばかりでは痩せやすい体を作ることはできません。

 

タンパク質が不足していては筋トレを頑張ってもなかなか痩せませんので、適度にお肉類も摂取することが大切です。
炭水化物も糖分という立派なエネルギー源ですから、痩せやすい体をつくるうえでは欠かせません。

 

カロリーの低い野菜に加えて、タンパク質と炭水化物もきちんと日々の食生活に取り入れましょう。
正しい知識を身につけ、運動で痩せない筋肉ではなく、良質な筋肉をつけながら痩せやすい体をつくりましょう。

 

また、バランスの良い食生活はリバウンド防止にもなります。

運動で痩せない女性ならではの原因

運動をしているのになぜか痩せないという女性ならではの原因は、冷え症などで代謝が悪いということが考えられます。

 

運動をしていくと代謝は良くなっていきますが、急に体質というのは変化はしません。
やはり運動で痩せない人は元の代謝が悪かったということが考えられます。

 

諦めないで運動を続けていけば、筋肉の量も増えて血流もよくなるので痩せられる確率は増えることが予想できます。
運動で痩せない女性ならではの原因として、脳の作りが男性と女性では違うというのがあります。

 

それは女性は食べることが男性と比べると我慢ができないからです。

 

その理由とは女性の母性本能にあります。女性は出産と子育てが本能的に刻まれていて、身体がいつでも栄養を赤ちゃんができた時に分けることができるように蓄えようとします。だから目の前に食べるものがあると本能的に我慢できなくなってしまうのです。

 

さらに運動をすると身体が栄養を求めようとするので、ますます食欲がアップしてしまうという理由もあります。
どうしても食べたくなってしまう本能があるので、運動と合わせてうまくカロリーコントロールをすることができれば、ダイエットを成功に導けるのではないでしょうか。